服用を始めてから287日目。現在の状況と想定された副作用についての結果

2016年10月9日

こんにちは、管理人のチャゴです!
ずいぶんと長いこと更新がストップしておりましたが、絶賛発毛ライフ継続中です。

昨年の秋からフィンペシアとミノキシジルタブレットの服用を開始し、およそ9ヶ月半が経過しました。
現在はフィンペシア1錠とミノタブ5mg(10mgタブレットを半分に割って使用)を5日おきに服用するようにしております。

では久しぶりに、現在の頭髪の状況をお知らせします。

頭頂部
2016082301
感覚的なボリュームとしては前回の投稿時(5ヶ月ほど前)からさほど変化はないような気がします。
だけど写真を見た感じ、少しボリューム感は落ちたかなと思います。
夏になると毎年抜け毛量が増えていたので、時期的なものかもしれません。

現在はフィンペシアとミノタブを同じ日に一緒に飲んでいるわけですが、あくまでフィンペシアは抜け毛をストップさせる効果、ミノタブは発毛を促進する効果という使い分けが必要です。なのでミノタブはそのうちストップさせて、現状を維持するためにフィンペシアだけを定期的にもう少し頻度を上げて飲むようにしようかと考えています。

頭頂部以外はこんな感じです。

前髪
2016082304

右おでこ
2016082302

左おでこ
2016082303

私の場合、前髪が後退していくM字ハゲではないので、ほとんど変化なしです。

hageType
前髪やおでこは私のハゲタイプ(Type-O)ではさほど重要ではないため写真載せてもだいたい毎回変化なしです。
なので今後は頭頂部だけにフォーカスしてブログを書きたいと思います。

服用を開始して9ヶ月半、目立った副作用は特になし。でも少し気になることが

フィンペ+ミノタブセット服用で心配だったのが副作用です。

フィンペシア(フィナステリド)とミノタブそれぞれについて、9か月たった今、副作用があったのかどうか見ていきましょう。

服用し始めて9か月後、フィンペシアの副作用は?

フィナステリドであるフィンペシアを服用したことで数パーセントの割合ですが副作用が発生したという統計がしっかりと出ています。
私の場合はどうだったか、以下に述べたいと思います。

想定された副作用1—性欲減退・勃起不全

飲み始める前はこれが一番心配でした。30代後半、まだまだ盛りの時期なので(爆)
正直に書きますが、ほんの少しだけ性欲が落ちたかなーという気はしました。計測するすべがないのでなんとも言えませんが。
例えばです。
男性ならみんなわかるかと思いますが、電車やバスで居眠りして目覚めて立ち上がって歩こうとしたときに、なぜか息子さんが元気になってしまって、ポジショニングに困る!なんて経験がよくあるんじゃないかと思います。
そんな時はなんとか刺激を与えずにやりすごすしかないのですが。
そういう現象がフィンペシアを毎日飲んでいた時はなぜか発生しづらくなりました。わざと刺激を与えてもオッキせずに静かなまま。
このことが気になった時は副作用を本気で心配しました。髪の毛も大事だけどコッチの方も大事なんだけどなー!と焦ったものです。

しかし、まあぶっちゃけ「本気モード」になる時。ここで元気になってくれない場合はいったん薬をやめようかと思いましたが、それは結果的に杞憂に終わりました。
いざというときはちゃんと元気になってしっかりと働いてくれたんです。(・・・何を書いているんだおれは。)

なので、元気にならなくてよいときは静かなままで、いざ勝負!の際はいつも通りの働きをしてくれる。
なんだか息子が「大人」になってくれた感じで、これが副作用だとしたら逆に好都合な結果となりました。

想定された副作用2—肝機能障害、消化器系の異常、疲労感など身体的問題

どうなんでしょうね。これも図るすべがないのでなんともいえないところですが、少なくとも毎日服用していた頃も、服用のペースを落としている現在も顕著な以上は発生しておりません。
なのでこの副作用は現れなかったとここでは述べておきます。

想定された副作用3—記憶力の減退、不眠症、うつ病など精神的な問題

すみません、これもなんとも言えないのが正直なところ。
記憶力減退や不眠症は問題ありませんが、気持ちの浮き沈みは現代社会を生きてれば誰でも起こりうることですからね。うつ病という深刻な状態は少なくともありません。

参考:Post-Finasteride Syndrome Foundation(フィナステリド副作用財団)Rxisk “Post Finasteride Syndrome: PFS”
他にも様々な分類で副作用が報告されていますが、大きく分けて上の4つということで。

服用し始めて9か月後、ミノキシジルタブレットの副作用は?

ミノタブの方は身体的な副作用が発生する可能性があると、いくつか注意すべきことがあります。
その中の一つ、ちょっと心配なことがあります。

想定された副作用1—体の毛が濃くなる

ヒゲや腕やすね毛など、もともと濃い方だったのですが、ミノタブを飲み始めて更に濃くなったという感覚はほとんどありません。
鼻毛がよく伸びるなーと思いましたが、それは以前も同じだったので(爆)
頭髪だけがしっかり濃くなり、他の体毛はほとんど変化なしという結果でした。

想定された副作用2—皮膚が赤らむ、足や顔のむくみ、皮膚の発疹やかゆみ

これに関してはまったく発生しませんでした。

想定された副作用3—不整脈・動悸・息切れ

実はこれがちょっと心配です。
普段の生活には全く問題ないのですが、横になろうとするとき、心臓がバクバクする症状がここ数か月続いています。
以前にはなかった症状ですが、これがミノタブの副作用にあたるかは正確に判断できません。
もともとミノキシジルは血圧を下げる薬として開発されたので、血圧に異常がある人の服用は推奨されていません。
考えてみれば私は朝が苦手な低血圧体質でしたので、さらに血圧を下げる効果が見込めるミノキシジルを服用し続けていたことで心拍機能に問題が生じた可能性があります。
といっても、本当に横になろうとしたときにだけ心臓バクバクが発生し、痛みなどもなくすぐに収まるので深刻には考えておりませんが。

何はともあれ、実際に副作用が疑われる症状が出てきたのは事実ですので、ゆくゆくはミノタブ服用量を減らすか、あるいは別の手段に移行するか考え中です。

参考:Drugs.com “Minoxidil Side Effects”

では今回はこんなところで。