約3か月で薄毛の危機からフサフサの髪へ復活。その軌跡を振り返る

2018年8月7日

こんにちは。「生えるのか?」管理人のチャゴと申します。

30代半ばから薄毛が気になりだしたものの、特に対策を講じず数年が経過し、気づけば頭髪が危機的状況に陥っていました。
なるべく自分の髪の毛の状態を見て見ぬふりをしてごまかしていましたが、ある時スーパー銭湯の鏡でマジマジと髪の毛を見てみたら、かなり薄毛が進行していることに愕然としました。
もう現実から逃避することはやめて、髪の毛をなんとか元通りにするために立ち上がりました!

かつら・ウィッグ、増毛サロン、育毛剤、AGAクリニックなどなど、現代の日本にはありとあらゆる発毛プロジェクトが存在します。
私の場合、とにかく早く確実に!そしてできるだけお金をかけずにという条件で発毛に挑もうとした結果、行きついたのがフィナステリド+ミノキシジルによる発毛方法でした。

毛活(発毛生活)スタート!

安定した育毛で抜け毛をストップさせるために、まずフィナステリドの代表格であるプロペシアの購入を考えておりましたが値段が思った以上に高かったため、ジェネリック薬品として名高いフィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ、1mgx100錠)を購入しました。
そしてスピーディーに発毛を促進するためミノキシジル・タブレット(USA製、2.5㎎x100錠)を同時に購入(のちにNoxidil、10mgx100錠を購入)。
ミノキシジルはもともと血管拡張剤および抗高血圧剤として開発された薬品ですが、副作用として体毛、主に頭髪が濃くなるため、AGAに悩む男性の発毛剤として広く普及するようになりました。

私がこれらフィンペシアとミノキシジルタブレットを購入したのは個人輸入代行商のオオサカ堂。
会員登録をして商品を選び、ネットで簡単に商品を個人輸入することができます。

フィンペシアやミノキシジルタブレットなど、オオサカ堂で検索するとたくさんの商品が出てきますよ。

↓↓↓管理人チャゴが3か月で発毛に成功したセットはこちら↓↓↓

薄毛の危機からフサフサの髪への軌跡

では、薄毛から発毛への道がどのような経緯をたどったか、大まかに見てみましょう!

開始2日目(2015年11月12日)
フィンペシア(1mg)とミノキシジルタブレット(2.5mg)を1錠ずつ服用(毎日)

まず手始めにフィンペシア1㎎とミノキシジルタブレット2.5mg(USA製)を1錠ずつ飲み始めます。
夏から続いた抜け毛がとどまることを知らず、このままいったら本当に危ない状況でした。
当時の写真↓
a45f96ff
フィンペシア+ミノキシジルタブレット服用2日目

開始11日目(2015年11月21日)
フィンペシア(1mg)とミノキシジルタブレット(5mg)を1錠ずつ服用(毎日)

10日間休まずに毎日服用を続け、特に副作用らしき症状は出なかったのでミノタブを2倍の5㎎に増やしてみることにしました。これで2倍の速度で発毛できればうれしかったのですが・・・
20151121
服用11日目。ミノタブを1日2.5mg→5mgに増やしました

開始32日目(2015年12月12日)
フィンペシア(1mg)とミノキシジルタブレット(5mg)を1錠ずつ服用(毎日)

恐れていた初期脱毛という症状が始まったようです。ミノタブを服用して1か月目くらいでこの症状が発生することがあるそうですが、私もまさにズバリそんなタイミングでした。
しかし髪の毛が束で抜けるというようなひどいものではなく、シャワーの後に気持ち抜け毛量が増えたかな?というくらいでしたので、恐れずそのまま頑張って服用を続けることにしました。
20151212
服用を始めて1か月が過ぎました。初期脱毛でモチベーション↓↓

開始42日目(2015年12月22日)
フィンペシア(1mg)とミノキシジルタブレット(5mg)を1錠ずつ服用(毎日)

1か月目の初期脱毛期間から抜け出し、それ以降は順調に髪の毛が増えていきました。40日目を過ぎるころ、薄毛でスカスカだった頭皮が徐々に目立たなくなってくるのを実感し始めます。
20151222
服用42日目。生えてきた!?

開始73日目(2016年1月22日)
フィンペシア(1mg)とミノキシジルタブレット(5mg)を1錠ずつ服用(毎日)

2か月以上が経過し、発毛もかなり実感できるようになりました。ここまでくればゴールも近いです!
2016012201
73日目。発毛実感中!

この後忙しくなってブログが滞ってしまいましたが、90日~100日目、つまり3か月以上経ったころは以前のようなフサフサな髪を取り戻すことに成功しておりました。
むしろ生えすぎちゃってヘアスタイルに重みが出てきてしまうくらいです(3か月前だったらなんて贅沢な悩みだ!と思うことでしょう)

3か月経過した時点で一段落とし、フィンペシアとミノタブの服用ペースを減らすことにしました。
毎日服用していたのを2日に1回、3日に1回と減らしていき、結局4日に1回のペースに落ち着きました。

開始127日目(2016年3月16日)
フィンペシア(1mg)とミノキシジルタブレット(5mg)を1錠ずつ服用(4日に一回に減らす)

約4か月経過した状態で久しぶりに頭部を撮影してみました。もはや薄毛とはサヨナラ~!見事に頭髪が復活しております!
2016031602
しれっと2カ月ぶりの更新・・・育毛127目の様子

以上、薄毛に悩んでいた時期からフィンペシア+ミノタブの服用を始め3か月で発毛に成功した軌跡をざっとですがお伝えしました。

————
【追記】2018/8/7
その後、うっかり服用怠ってしまい、1〜2週間に1回くらいの適当なペースに。
その結果、再び抜け毛が増え、再び悪夢の薄毛が進行。
もともと自分は薄毛体質だということを自覚し、気持ちを改めて服用ペースを元に戻し、最終的に2日に1回(フィンペシア1mg1錠)に戻しました。
結果、見事に復活。その時の記録はこちらをどうぞ。
————

薄毛が気になって精神的につらい毎日を送るより、一歩踏み出して毎日1錠ずつ、発毛への道を歩んでみませんか?
もちろん副作用が心配だという人も多いことでしょう。(副作用については別途まとめページを作りたいと思います。)
まずは試してみて、もし体に合わなかったら服用をやめてほかの手段を考えればいいだけの話です。私も最初は心配でしたが、結果大きな副作用も出ず、無事に毛活することができました。

最も早く確実に、そしてお金をかけずに発毛したい場合におすすめします!